商品設計、マーケティング、ブランディグ、PRの土台はここです

スクリーンショット 2017-01-06 17.55.15

チェックするのはここ!お客様はどう思っているのか?

生徒さんの行動や選択に違和感を感じたときに必ず聞くのが

「それお客様はどう思っているの?」

この質問です

ここで私が言っているお客様とは

あなたにとって「いいお客様」です
(都合のいいではないです)

私は

来て下さるお客様は全て最高!

という考え方をしていません

商品の良さを理解して
「これがいいです!あなたがいいです」と選んでくれるお客様を大切にしていかないといけない

(正しく努力するとそういうお客様ばかりになっていきます!)
(多くの人はそこまでいけていません)

以前の記事にも書きましたが
お客様の言っていることをやるだけではプロとして不十分

いいお客様
つまり、あなたが大切にするべきお客様は

プロとしてのあなたをリスペクトして大切にしてくださる方を指します

もてはやすのではなく
提供している仕事を評価してくださるお客様のことです

多くの方が

大切にしないといけないお客様と
そうではないお客様の区別がついていません

自分の要望を押し付けてくるお客様はいいお客様とは言えませんが

集客に困っている初期の方は
それでもありがたい!と思ってしまうんですよね

でもその行動がいいお客様が離れる原因になることは過去に書いてきたとおりです

私達が何かに迷ったときに考えないといけないのは

「いいお客様はどう思っているのか?」

これなのです

常にお客様目線からどう見えるのか?を考えていきます

すると何も迷うことがなくなるのです

自分が大切にしたいと思っている人に嫌われるような行動はとりたくないですからね!

辛い時
答えがわからない時

人って簡単に逃げてしまいます

そして自分に都合のいいように解釈をして
さもそれがベストな選択だったと思い込もうとします

でもそうやって逃げて選んだものは
ベストなものでは絶対にないです

自分を甘やかすのにベストであっただけ

自分を甘やかすことは出来るから
気は楽になるかもしれない

でも、色んなものを失う選択かもしれない

そこまで考えて一つ一つ丁寧にを決めていかないといけません

私達が苦しんでもがいている時
答えを教えてくれるのはお客様です

お客様しかいないのです!

お客様しかいないから自分が苦しい時でも続けることが大事なので

決してお客様から逃げてはいけない

そして苦しい時こそ
本当に自分の必要な人が分かるものなのです

苦しさを乗り越えた先に
付き合っていきたい人が自然と定まっていく

逃げないで立ち向かうと得られるものってあるんです

迷う度に自分で選んで今の道を歩いています

毎回毎回
大切にしていきたい人のことを考えて決めてきているのです

その行動を自分がしたときにお客様はどう思うの?

何かをする前に毎回自問するようにしてください

安易な行動を取ってしまう人がSNS起業ではとても多いです

言うことがコロコロ変わったり
商品もコロコロ変わったり

これって全部信用を失う行為です

わかり切っていることなのになぜそれをしてしまうのかというと

どう思われるかなんて気にしていないからなのでしょうね

自分を守ることしか考えていない証拠!

でもそれでは人は離れますよ
絶対に

もちろんビジネスも長続きはしません
簡単に想像できますよね

でも人は逃げてしまう

本当に逃げやすいのです

逃げやすいことを自覚して
自分の選択が正しいかどうか?を考えられるといいですね^^

人が離れていく人についてはまだまだ書きたいことがあります!

この続きを次回に書いていきますね!

\ご提供中のメニュー/

スクリーンショット 2017-01-06 17.55.15