承認欲求をお客様にぶつけないで!

DSC_2430

売れることばかり考えている人は利用されて終わる

この記事、3回ほど書き直しをしました
そんな自分勝手なのはダメよ~みたいに
何だか無難にまとまってしまって極めてつまんなかったので

全部消して書き直しです

そんな事がありふれたことが言いたいわけではないので
もっともっと核心に触れていきます
ということで斬れ味がちょっと鋭いかもしれません
お気をつけてお読みください
私売れたいんです
そんな相談をいただくことがめっきり減ってきました
私のところに集まる人は
商品を世の中に広げたい!という人の方が多いので

自分自分!となる人があまりいません

自分自分!な人は離れていきます

なぜなら私はビジネスの初速より継続性を意識してコンサルティングをしているから
自分自分!の人は

”今すぐ”変わりたい
”今すぐ”何とかしたい
”今すぐ”売れたい

というニーズを持っていることが多いです
そのニーズには残念ながら応えることが出来ません
中身がないのはお断りです

中身がない方は

継続すること・積み重ねることを求めると途端に逃げ出してしまいます
でもそれではお客様に責任を取ることが出来ませんよね?
サービスを提供するものとしての覚悟が抜け落ちている
覚悟なんてないから中身にまで目がいかない

それが売れることばかり考えている人の特徴です
なぜ自分自分!となる人たちは
”今すぐ”にこだわるのでしょうか?

少しでも早く成果を出したい

その気持ちはみんなが持っています
でも今はまだ無理だとぐっと踏みとどまることが出来る
今の自分ではまだ未熟だと自分で判断することが出来る

なぜそれが出来ない人がいるのか?
責任感のない行動をとったら
自分の評価を下げることに繋がるのは一目瞭然なのに

それでもなぜ”今すぐ”どうにかする方法を探すのか?

ここには恐怖があるんですよね
今の自分を誰かに認めてもらいたい!

今の自分のまま誰かに認めてもらいたい
今の自分は愛されるべき存在だ

今のままありのままでいていいと言って欲しい!

…気付きましたか?

ただ今すぐに愛されたいのです
ただ今すぐに認めて欲しいのです
今自分が愛されている実感や認められている実感がないから
ただただ今の自分のまま愛されたいし認められたい

完全な承認欲求ですな!

きっと心の中は恐怖で一杯です
認めらていないから自分の存在価値がわからないのです

自分が存在する意味を知りたくて
必死になっているのです

価値がないと思われたくないから価値がありそうなものに焦ってなろうとする
ものすごいエネルギーを使っていると思います
そのエネルギーを積み重ねることに使えばいいのにそれが出来ない

自分が売れること・認められることが一番の目的になると
他人を全て自分のために利用し始めます
自分の認知が広がりそうだから有名なあの人に会いに行く
いいお客様を紹介してくれそうだから繋がっておく
有利になる情報をくれそうだから持ち上げる

全部自分のために相手から吸い取ろうとしています
自分自分!

私を認めて!
私、売れました!
私、すごいでしょう?
それをしたくて
ヒントや足掛かりになるものに必死にしがみつく
それを見て引く人がいても構わない
なりふり構っていられないくらい恐怖に怯えているのです
人から認められていないって確かに怖いでしょうね
安心感がない状態のまま生きているということだもの
売れたらその恐怖から解放されると思っているのでしょうが
残念ながら解消はしないんですよ

承認欲求をこじらせている人って張りぼて感がすごいです

自分を装備して認めてもらおうとする
鎧を着ているわけです
(ひどいとナチュラルに盛りすぎる虚言癖になります)
張りぼて感が出てしまうのは

外側ばかり気にしていて
中身はどうでもいい状態になっているから

中身を磨くことを考えていないのです
でも中身を磨かないと承認欲求を満たすことは出来ません

だって本当に評価されることがないわけですから
表面上の評価だけ受け取っても承認欲求って満たされないのですよ

「すごいですね~」と言われるだけでは満たされないのです
満たされてこなかったから今がそうなっている
このことに気付けるといいのですが…なかなか難しいようです
お互いに利用しあっているだけのお付き合いって見てすぐわかりますよね

本当にマッチしている人たちがまとっている空気感と全然違いますから
これも表面上の帳尻を合わせているだけだからバレてしまうのです

妙にマッチしている人たちは全く違う空気感を醸し出します
安心してみていられるというか
なんだかホッとするのです
野心の塊でつるんでいるだけの人たちは
仲良さそうに微笑んでいても

目が戦っているのです
自分自分!が隠せない

(…怖い!!)
信頼しあっている雰囲気が出ていないからビジネス上の付き合いなんだなとすぐにわかってしまう

それに何の意味があるのか私にはわかりません

利用しあうだけの関係性に意味はあるのでしょうか?

人を利用しているように見えて
他人からも利用されているのです
中身をよく知らずにすごいですね~と言って集まってくる人も

その人と一緒にいる自分にステータスを感じているだけなので
結局はその人を利用しているだけ

中身はどうでもいいのです
自分を持ち上げてくれればいい人と
すごい人といる自分素敵!となっている人
もちろんお互い都合が悪くなったらすぐ離れるのでしょう
利用しあうだけの関係性ですからね
そんな事を繰り返しているからいつまで経っても抜け出せない

承認欲求を満たすための起業をした人が昨年あたりすごく多かったですよね

あんなにたくさんいたのにめっきり見かけなくなりました
簡単に成果が出せそうだから
すぐに抜け出せる!と思ったのでしょうが

そうはいかなかった
中身がないから形にならなかったのです
それであっさり投げ出して
他のところに移っていったんだと思います
他の簡単に抜け出せそうなものに移動して、そこからジプシーを続けるのです
起業コンサルに利用された!と感じた人も多いと思います
でも自分も甘い部分があったはずです

そうでなければそこには飛びつかないわけですから
他人に承認欲求を利用された
それだけのこと

(この利用しあっている状態が何とも言えない気持ち悪さの原因なのです)
ジプシーというのはカモになり続けることでもあります

フワフワしている人は承認欲求を利用され続けますよ!
根本解決を目指すなら
やっぱり腰を据えて向き合わないといけません

今すぐにとか短期間でという甘い考えを持たないこと
どんなこととでもやっぱり基本や土台が大事なのです

売れることばかり考えないで
自然と売れるレベルの人になることを意識していきましょう!
この辺の商品設計に関わる部分を次回書いていきますね^^

\SNS起業成功度診断/

\無料メールセミナー↓↓/

\好きを仕事にする各種プロを目指す/

DSC_2430