ZOOMの便利さに感じるちょっとした恐怖

スクリーンショット 2020-03-28 13.06.16

昨日も今日もZOOMを使ってワークショップや講座を開催していました

これまで対面でだけ行っていたものを
ZOOM上で出来るようにするための作業を日々行っています

ツールを補強して
質が落ちないような工夫をしているのです~

手間は増えるけれど
今後ずっと使えるものではあるので作ってしまっています

こういう教材作りは私の才能です
自分ではっきり言うけれど才能だと思います!!

大変だったけれど教職を取ってよかったです
塾の講師や家庭教師をやっていてよかった!

全ての経験が今、活きています

 

ZOOMはとっても便利ですよね

移動をしなくても打ち合わせをすることが出来るし
講座も開催できます

便利だとは思っていますが
その反面ちょっとした怖さを感じています

わざわざ移動時間・移動費をかけてまで会わなくていい人認定をされる人が増えるんだろうなと思うからです

実際に会う人とそうでない人(妥協できる人)を感覚的に振り分けていく…
もちろん、私も含めそうなっていくんだろうと思います

「この打ち合わせはZOOMでいいよね」と判断されるものと
「この打ち合わせは顔を突き合わせてやりたいよね」と判断されるもの

何がどう違うのか?は私が言葉にせずとも皆さん察することが出来ると思います

 

もう一つ気になっていることがあります

ZOOMなどのオンライン上での打ち合わせは

画面上では顔を合わせているけれど
対面の時より気を使う部分が少ないですよね

見える部分が少ないということは
手を抜けるということです

顔から上しか映らない
匂いもわからない

便利だけれど実は色んな情報が確実に減っているのを忘れてはいけませんね

エチケットやマナー
そういうものに無頓着になれてしまう分、身につけるチャンスが無くなっていくということです

ますます差が開いていきますね~
その影響は経験の質に影響し、手に入れられるものに顕著に出てしまう

”特別な場”に参加できる人が限られて行きますね…

参加できなくなるということは気付けるチャンスを失うとも言えるから
便利だけど、便利だけど…

この便利さにどっぷり、これだけになってはいけないな、と思います

どんなものにも
メリットとデメリットの両方が絶対にありますからね!

この辺の細かいお話はメルマガで配信します~^^
私、意外と古風なんですよ

というか年を取ってそういうもののを重視するようになったのかもしれません

口うるさい大人になってきましたが…笑

でも品位・品格として出ちゃうものだから
自分もより一層気を付けて必要なマナーを身につけていきたいなと思います

この記事の続き⇒世界は開いたように見えて、実は閉じ始めている

商品が”売れる”ために必要なステップを公開中

セルフブランディングで自分らしく働く!

お困りのことがありましたら気軽にお問い合わせくださいませ

講演・研修・講座についてのお問合せはこちら
それ以外のお問合せはこちら