女性社員に「今のままでいたい」と言われたら…

devin-avery-lhAy4wmkjSk-unsplash

実は男性経営者の方から女性社員の育成についてのご相談をいただくことが多いです

良かれと思って
「あなたはどうなっていきたい?」と質問したら

「私は別に今のままでいいです」と返答されて
どう接したらいいのかわからなくなりました…と
経営者の方って
成長するのが当たり前という価値観で生きているので

「今のままでいい」と答えられると困惑しちゃいますよね

 

自分にとっては
スキルアップして成長して給料を上げていくのが良いことだった場合

変化を拒む人の心情は全くわからない!となるんだと思います

もっと給料を増やしてあげたい
という気持ちを拒否されるのはちょっぴり悲しいものですよね

こういう時、どうしたらいいのか

答えは簡単です

 

”考えてあげなくてよい”

 

衝撃でしょうか^^?

いえいえ、押しつけはハラスメントになりますからね!

雇用関係でしかないので
私達経営者は社員の生き方までは踏み込めません

みんながみんな出世したいわけではない
みんながみんなスキルアップしたいわけでもない

何のために働くのか?は人それぞれだということです

ついついね、色々やってあげたくなってしまいますが
求めていない人もいます

価値観の違いですね^^

そんなの寂しいです~となりますが
社員の人生の責任は負えません

選択する自由が社員にはあるということを忘れてはいけません

会社と社員は雇用関係以上の間柄にはなれません
(書いてて悲しいですがね…)

自発性がある方へのサポートは見返りを求めないのであれば行ってOK
自発性がない場合は気をつけないとハラスメントになります

 

なかなか難しい時代に突入しましたよね~

以前は終身雇用が前提でしたが
そうではなくなりました

社員は自分の都合で辞めます
どんなに頑張って育ててもあっさりと転職をしていきます

雇用関係でしかないので何の問題もありません

 

では経営者として組織作りはどうしていけばいいのか?

適切な評価制度を構築し、それを報酬に反映させる

目標設定とその達成度をしっかり行い、
自発性がある人とそうでない人を見極めていく

自発性がない人が会社に貢献していないか?と言ったらそうではないので
追い出す必要はありません

設定した目標が達成されていない場合は
報酬に反映していきましょう

昇給はさせないでOK
ボーナスの金額も評価に見合った額でOK
(ここは仕組み作り大事です!ご相談ください!)
(無理やりやると大量離職を招きかねません)

 

年功序列制度では
どんどん給与を上げていかないといけないので

社員にはスキルアップを当たり前に望んできましたが

上に登る気がないなら
給料も頭打ち

それくらいシンプルでよいです

 

年功序列から成果報酬型への考えにシフトするとなると
急激な変化が必要となるような気がしますが

評価制度をしっかりするだけでいいんです

年齢や社歴で上がるのではなく
能力や経験値によって上がっていく

今の評価制度も枠組みはそうなっているところが多いかと思います

なので評価をしっかり行う
感情論ではなく、成果を正しく評価する

これを徹底してくださいね^^

 

上に上がるかどうかは社員が選ぶ時代なのです
マネジメントはより難易度が上がっていきますね

人材育成についてのご相談も受け付けております
もっと具体的に相談したい!という方は単発コンサルにお越しくださいね^^

起業検討中&起業初期▶女性起業家育成スクール
コンサル&メンタリング▶ブランド化戦略コンサルティング

商品が”売れる”ために必要なステップを公開中

セルフブランディングで自分らしく働く!

お困りのことがありましたら気軽にお問い合わせくださいませ

講演・研修・講座についてのお問合せはこちら
それ以外のお問合せはこちら