起業していない人の起業女子批判に思うこと

matthew-henry-NioJfLM4OVo-unsplash

「起業女子」という言葉が私は好きではないです

まず、女子があかん

女子という言葉が幼さを連想させ、キラキラふわふわを紐づけてしまう

どんなに真面目にコツコツやっていたとしても台無し
言葉のインパクトは大きいのです

言葉選びは広告の基本ですからね!
私もキラキラふわふわしている起業初期の女性に対して
大概厳しいことを書いていますが

起業していない人が書くのは全然違うと思うんですよね~

やっていないで批判するって

もっとも簡単で
もっとも卑怯じゃないですか

SNSを見ていておかしいと思うから
「何であんなことをするんですか?」と感じるのはわかります

私もそうだから!

でもね…そうなってしまっているのには理由もあるんですよ

これはやっている側だからこそ、わかることです

実際に始める前までは散々
「あれは有り得ないです」とおっしゃっていた方が

全く同じことをし始めるのを何度も何度も見ました

実際起業してサービスを作って集客をするとなると

その難しさに直面して
始める前は「あり得ない」だったものが「あり得る」に変わるんですよね

「あり得ない」を貫ける強靭な精神を持つ人は少ないんです

一つ前の記事でも倫理観というお話をしましたが
これって人の在り方に直結するものです

自分はどう在りたいか?が試されるのが起業です

結果を出すために
意にそぐわない方法を選び、実行する方もいます

何もやっていない状態で批判するのは簡単ですが、
同じ立場に立ったとき自分はやらないか?はその時にならないとわかりません

だから安易に批判はしない方がいいし

この人やば!!!と感じたらそっと距離を取る

それだけで済ませておきましょう^^
わざわざ戦わないでね♡

商品が”売れる”ために必要なステップを公開中

セルフブランディングで自分らしく働く!

お困りのことがありましたら気軽にお問い合わせくださいませ

講演・研修・講座についてのお問合せはこちら
それ以外のお問合せはこちら