人間関係の断捨離は悪いこと?

les-anderson-217735

ちょっとドキッとするテーマですね~^^

物の断捨離は出来ても
人間関係の断捨離は考えたことがないという人が多いかな?と思いますが

どうでしょうか?

人を切ることって悪いことのような気がしますか?
切らないでなあなあでいた方が楽ですかね?

人を切るではなくて
人を選ぶに言い換えたら気が楽になるかな?

人間関係に関する悩みを抱えている方が非常に多いですが
なぜその悩みが生まれるのか?を考えたことはありますか?

というかそれ、悩む必要があることでしょうか?

もしかしたら悩まなくていいことを
自分で悩みにしてしまっているかもしれません

人間関係の断捨離が出来ない人は
人間関係で悩み続けることになります

そもそも人間って一人一人好きなものが違いますよね
嫌いなことも得意なことも違う

時間の過ごし方も違います

これが価値観の違いというものです
それぞれ違った価値観を持っている

ここまでは皆さん問題なく付いてこれると思います

では、各々の価値観をどれくらい尊重できていますか?

もし、人に合わせて自分が折れることが価値観の尊重だと思っているならそれは少し間違いです

どこか間違いかというと”折れる”という部分ですね
折れる必要はないんです

自分が折れる人って他人にも折れることを求めます

○○さんのために自分が折れたと考えているから
自分のためにも折れてくれるだろうと期待してしまう

これが人間関係の悩みを生み出す原因ですよ
自分の相手への期待が入っているから悩みが生まれるんです

「こうだったらいいな」と期待しているから
期待していたことをしてくれなかった時に

「なんでなんだ?」となったり
「あの人はわかってくれない!」という気持ちが出てくる

相手の価値観を尊重するためにするべきことって折れることではありません

ただ「あなたはそうなんだ」と認めること
「私は違う」と伝えてしまって全然いいのです

勝手に察して折れてぷんぷんしている人が多いですが

あなたはそうなんだ
でも私は違う

と話し合って妥協案を見つければいいだけなのですが
それをやらずに勝手に折れてぷんぷんしていませんか?

気を使ってあげたのに!
良かれと思ったのに!

あなたの価値観ではそうかもしれないけれど
相手の価値観では全く受け取り方が違ったりします

求めていないものを押し付けられても感謝は出来ませんよね?

だから相手の価値観を知ろうとして認めて
自分の価値観を伝えて

そこから歩み寄ることが大事なのです

…はい、ここまで読んでめんどくさいなあと思った人もいますよね?

そうです、人間関係の構築ってめんどくさいものですよ

全員とうまくやりたいなら
このめんどくさいことを全員とやってください

私はそんなことはできないので
関係性を構築する人としない人を選んでいます

これが人間関係の断捨離です

 

ここで間違えないでいただきたいのは
いきなり「嫌い!」と切り捨てるわけでないということ

相手の価値観を知ろうとします
そして自分の価値観を伝えるところまではします

そこから先を頑張るかどうかを決めています

その人との未来のために歩み寄りたいかどうか?を考えると言えばわかりやすいでしょうか?

理解できない人を無理やりわかってあげようとすると
また怒りが生まれるんですよ

こっちは合わせてんのに!と

なんて上から目線なのでしょうね?笑

相手の価値観を否定しないということは
相手に合わせるということではないんです

あなたはそうなんですね
それで終わらせる

これが出来るとかなり楽になります

なんでできないんだ?なんで考えないんだ?
と部下にイライラしていませんか?

あの人はいっつもそう!
と上司にイライラしていませんか?

もっと私の気持ちや大変さを理解してほしい!
と旦那さんにイライラしていませんか?

イライラした結果、現実は改善しましたか?

しないんですよね~

イライラを相手にぶつけることや
外で愚痴を言って発散することで

解消した気にはなるかもしれないけれど

結局現実が変わるためのアプローチをしていないから
また同じことを繰り返す

イライラが大きくなっていくだけ

ああ、本当に無駄
怒りのエネルギーって他の感情のエネルギーより体力を消耗しますから

かなりのダメージを自分に与えています

それって変わる気がない人の典型的な行動です
怒ってやっているつもりになっているだけ

もっと前向きにエネルギーを使えないと
無駄に疲れて老け込みます

人間関係の構築はめんどくさいものです

本当に尊重しあえる関係性になるためには
時間と労力が必要となります

だから選んでいいのです

自分が大切にしたい人と
そうではない人はいていいのです

わかってあげられないことはひどいことではありません

わかっていないくせにわかったふりをする方が何倍もひどいこと
そしてわかったふりはばれたときに相手を一番傷つけます

いい人ぶって合わせるという行為が

本当に相手のためのかどうか?
自分のためなんじゃないか?

は一度考えてみるべきことではないでしょうか

自分のために合わせている状況って結構ありますからね~

「めんどくさいから、合わせとこ」ってやってしまいますよね笑

これが悪いということではなくて
それをやっている人に対して自分は楽をしているんだということを自覚することが重要なんです

その人に期待しない

期待しない理由は
歩み寄る努力をしていないんだからわかり合えるわけがないからです

期待しなくなるとイライラしなくなります

あー価値観が違うから仕方ないね
あの人のことはよくわからないけれど

相手も私のことわからないよね

やむなし

こんな風にイライラの手前で諦められるようになります
無駄に人のことを嫌いにならずに済みます

 

ではどうやって歩み寄る人とそうでない人を分けるのかというと

「なんであの人に対してこんな気持ちになるんだろう?」と一生懸命考えてみて
考えた結果を客観的に見て
自分勝手じゃないかどうかを評価して

どうしようもない理由だったら仕方ないなと判断するようにしています

なんでなの?!とか
あの人が悪い!!というような強い感情を持ってしまうことの方が私は怖いです

せっかくなら

あの人のことがすごく好き
大切にしたいという感情を強く感じていたい

人間関係の断捨離が出来ない人って大切だと思える人がいない事が多いです

いますけど!と言っていても大して大切にしてなかったりします
これね、すごくシンプルなことなんですが

広く浅く分散しているから大切な人に集中できてないんですよね

私は自分が大切にしたい人に集中するために
人間関係の断捨離を行います

自分がそんなに余裕があるタイプではないのを知っているから

不思議なことにこれが出来るようになってから
広く浅くの人間関係もうまくいくようになりました

それと合わない場所にはいかなくなるので
「なんでなの?!」と思う回数も少なくなりました

理解できないなら自分がそこを離れればいいだけですからね

いい人ぶる人は離れるということが出来ずに
理解しているふりを続けて

陰で愚痴や悪口を言い続けます
…そんな人と誰が仲良くしたいねん!怖いわ!

怒りのエネルギーをぶつけられるのも疲れるわ!

 

人間関係の断捨離とは
「あの人はもういらない」ではなくて「どの人を大事にしたいか」を考えること

たくさんの人を幸せにしたいなら
まずは一番幸せにしたい人と幸せな時間を作ってください

全員に好かれたいというのは
嫌われたくないという自分の恐れの感情の裏返しであり

誰のための行動かと言うと自分のための行動です

他人に何かを提供してあげたい、何かを与えたいと思った時に
何が一番必要になるかと言うと

自分自身に”余裕”があることです

本当に大切にしなきゃいけない人を大切に出来ていない人の理想論は説得力がありません

綺麗事を言うのは簡単だからこそ
本物の信頼関係を築いている人なのかを私はみるようにしています

無責任な人ほど綺麗事を堂々と口にします

口先だけの人はパートナーシップに難を抱えていることが多いです

軽はずみな発言が他人からの信用を失うという
簡単な事すら理解できていないということですからね

本当に大切にしたいものがわかっている人は
いらないものを捨てることを怖がりません

人間関係に限らず
なあなあにしてごまかすことをやめてみると

自分らしさを取り戻せますよ^^

美しいコミュニケーションは
女性のためのマネジメントスクールBE SMARTで学べます

自己分析とメンタルマネジメントを学び、美しいコミュニケーションを取っていきましょう

※メルマガにて配信した記事です

商品が”売れる”ために必要なステップを公開中

セルフブランディングで自分らしく働く!

お困りのことがありましたら気軽にお問い合わせくださいませ

講演・研修・講座についてのお問合せはこちら
それ以外のお問合せはこちら