これなら売れそう!で商品開発をしても売れません

13

一生懸命商品設計、開発について考えている人も多いと思います

PRにもつながる話なのでメモしてくださいね!

商品設計や開発をするときに大事にしてほしいのは

「なぜその商品が必要だと思うのか」
「なぜその商品に自分は魅力を感じて売りたいと思うのか」

ここです

ここの理由が明確でないと後々自分の首を絞めることになります

「〇〇の方が売れると思うよ」
「〇〇なら需要があると思う」

そんなアドバイスをいただくことって多いと思うのですが
そのアドバイスの根拠が大事なのです

根拠のないアドバイスや
偏りのあるアドバイスは
スルーしていかないと惑わされて疲弊します
意見を採用して失敗しても責任はとってくれません
自分で決めて動いて責任を取っていくしかないのです
長く売れ続ける商品を作りたいなら
大事にするべきは自分自身の中になる動機です
今すぐなんでもいいからお金にしたい!なら
「これなら売れそう!」で商品設計をしましょう
今流行っているものに乗っかればなんとなくお金は稼げると思います
ただし、すぐに売れなくなる可能性があるので
短期的に商品を切り替えることを視野に入れないといけません
商品設計って結構緻密な作業なんです
お客様層やPRの仕方、
その人の性格やライフスタイルまで考えられたアドバイスなら
とっても役に立ちますが
アドバイスする相手の価値観に寄りすぎているものだと
自分には合わない可能性が高いのです
(別の人ですから当たり前ですね!)
コンサルタントを選ぶ時は
コンサルタントの主観を入れないアドバイスをしてくれる人を選ぶのも一つのポイント!
何よりも大事なのは
自分の中に一本筋を通すこと

なぜ自分はそれを商品にしたいのか?
なぜあなたが売らないといけないのか?

言い切ることは出来ますか?

これが出来ている人が結局一番強いし
信頼も勝ち取れると思います
自分自身の内にある気持ち(動機)ときちんと向き合っていきましょうね!
個人事業主は自分でPRしていかないといけないので
真面目な人こそ、心から売りたいものを商品として持っていた方が楽ですよ

\ご提供中のメニュー/

13