選ばれて当たり前のブランドになるために必要なもの

11

株式会社を設立してまだ2日しか経っていませんが

色んなところでブランディングやロゴ制作について
あとはPR戦略について語りまくっております

いくらでも話せてしまうので私は本当にブランディングが好きなんだな
これが得意で心からやりたかったんだなと再確認していますうざいくらいの熱量で色んな人にブランディングの大切さを語っています
(ついでの私のブランディング美学も…←)

お話ししてみると
やっぱりブランドや選ばれる存在いうキーワードが出てくると皆さん急に後ろに下がっていく印象があります
ハードルが高いということなのでしょうか
確かにブランドと言うとハイブランドイメージしてしまいますが
ハイブランド以外のすべてのサービスに対してブランディングを考えるべきです

 

ブランディングを意識しなくても
お客様は勝手にそのサービスに対してイメージを固めます

そしてそういうもの(ブランド)だと認識しています

売り手が意識しないからブランド化されないわけではないです
やらなければそういうものだというブランド化が進むだけ

だからブランディングを考えて、
狙ってブランド化する必要があるんです

お客様が勝手に欲しいと思ってくれるサービスや商品
つまり選ばれるブランドになるために必要なものって何だと思いますか?
他とは違って目立つこと?
もちろんこれもすごく大事です
でもブランディングは目立たさせることではないです
ハリボテ感が強いブランディングは
2度目の購買に繋がらずブランド化に至る前にポシャってしまいます
見た目を整えたらブランドが出来上がると勘違いしている人が多いですが
ブランド化が終わるにはそれなりの年月がかかります
私たちはこういうブランドですよとお客様に知らせていくことはすごく大事ですが
買っていただいて実際にサービスに満足いただいて
こういうブランドなんだ!とお客様の中に落とし込みをしていきます
リピーターを獲得していくためには
自分たちが持っているブランドイメージとお客様の中にあるブランドイメージがイコールでなければなりません
そのために必要なのは掲げているブランド力を支えるためのスキルや実績など
中身の部分になってきます
いくら外側が素晴らしくても中身がイマイチだとお客様をお金を払うのが嫌になっていきます
継続していただけませんのでリピーターにはなりません
そうなるとブランド化が終了する前にお客様が離れてしまい、定着せずに終わります
ブランド化の失敗ですのでヘタクソなブランディングと言えますね

ブランドはお客様と一緒に作り上げていきます
自分だけの想いや希望だけではブランド化は完成しません

もう一度お伝えしますが、ブランド化に必要なことはとにかく目立つことではありません
ブランディングを考えるときに目立たせるという部分も確かに考えますが
サービスの中身も全部含めてブランディングをしていきます
集客に困らないような
当たり前に選ばれる存在、ブランドになるためにはやはりそれなりの時間と手間がかかります実績を積んでいくしかない
そう割り切って最初は浸透するまで頑張っていきましょう

浸透のさせ方やPRのポイントなどもありますのでそれらは是非ご相談下さいPR の仕方によっては浸透させたい層に浸透していなかったり、違うイメージを持たれたりしてしまいます

ビジネスは全て繋がっています
商品開発からPR、その後の事業拡大のご相談まで一気にやらせてください

拡大時のPRイベントの発案も積極的に行っていきます
タイミングを見極めてどんどん仕掛けていきましょう♡

選ばれて当たり前の存在、ブランドを作りたい人に必要なブランディングをお届けしていきます

\ご提供中のメニュー/

11