長く売れ続ける商品をつくるためのサボってはいけないこと

16-05-18-21-40-17-528_deco

すぐ飽きられるものを売りたいの?

法人の代表としての能力不足を感じていて
ビジネスの拡大についてここ2カ月くらい考え続けているのですが

その中で自分に足りないものをたくさん見つけました

ビジネスのわかりやすい成功モデルって

ドーン!ダーン!と有名になって
商品が大人気になって
取材とかいっぱい来ちゃってほっといてもガンガン商品が売れる状

なのかなと思います

うん、これならきっとみんな文句なしに「スゲー!」と思うのかもしれない

でも私はそれが出来ないでいます
なぜ、出来ないんだろうか?

多分…代理店時代の経験があるからなのかな

フィーバーさせるような商品の売り方を私はしたくないのかもしれない
そう思ったんです
(まだその時期じゃないという意味)

ビジネス規模を急拡大させるために必要なものって

私は”妥協”だと思っていて
ある程度ゆるさがあるものの方が拡大する傾向があると思っていま

例えば私が今やっている女性起業家育成スクール(※募集を終了しました)

これを後継者をたくさん作って
自分以外にやらせるという方法もあるわけです

私がやっているカリキュラムを出来る人を増やす

その人たちにどんどん活動してもらう

この形、悪いことだとは思わないんですが
ここでネックになるのが”質”です

私の仕事って自分で言うのもなんですが
かなり難しいことをしています

同じように働いてもらうためには
かなりの時間をかけて育てないと同じクオリティにならない

…となると
急拡大は出来ないんです

拡大するための人材育成に時間をかければかけるほどスピードは落ちます

後継者のレベルを厳しく設定すればするほどまたスピードが落ちま

もちろん拡大規模も低下
インパクトも低下しますね

ただ単にお金をたくさん増やしたいだけなら
この辺を少しゆるくするという方法もありますが…

そうするとどうなるでしょうか?

質の低下は間違いなく発生し、顧客満足度が低下
もちろんお客様への成果の保証も難しくなりますね

人材育成をきちんとしないと結局はどんどん人が離れていきます

本質が見えて(バレて)来る頃にはお客様いなくなっちゃった!となりかねません

それをカバーするために
違う商品を投入して真新しさを出して…

プロモーションをして回していく

…そういうのやりたくない

なんか違う気がするんですよね

ビジネス的にはあっているんだと思います

PRすれば商品って売れますから
売ってましたから

そういうものだってことはわかっています
売り込んでガンガンやるのが本当は正しいんです

でもなあ~と思っていたときに彼から

「すぐ飽きられるものを売りたいの?」

と言われたんです

そう!そこなんです!!
雑な商品って寿命が短いのです

代理店にいたのでこのことを一番よくわかっています!

PRしてバーンと売れてもね、長く続かない商品ってたくさんあるんです
私はそこのリアルを見てきました

どうして売れ続けることが出来ないのか?

を必死で考えました

だってクライアントの
売上が下がることって広告費の削減に直結しますからね

何が違うのかというと

商品の質と会社の組織の質でした

ドーンと売れた後のアフターフォローが出来るのか
ドーンと売れた後の商品改良をする気があるのか
ドーンと売れた後の次の展開を考えているのか
ドーンと売れて拡大したときにサービスのクオリティを維持できるのか

この辺がとっても大事なんです

ドーンと売る前に最低限やらないといけないことがある

そこが出来ない&そこに気付けないとすぐに飽きられて売れない商品になってしまう

少し前に流行ったのにもう見なくなったものってたくさんありますよね?

急成長して売れた商品って
その伸びに対応するためにとにかく急ピッチで色々整えていきます

その過程でどんどん質が低下してしまうような雑な展開をすると
終わりが見えてきてしまうのです

うーむ難しいですよね

とにかく急拡大させることよりも
少し時間をかけてでも良い物を作った方が商品寿命は長いのです
(もちろん最初からいい商品・サービスを提供できるくらい体力がある会社もありますよ!)

駆け出しの私がやるべきことって

今できることを一つ一つ丁寧に仕上げ切ること
人材育成
急拡大を狙わず、着実に大きくしてきちんとしたスキームを作り上げること
質が低下しない教育プログラムを構築すること

これなんだと思います

ドーンと売れた方がかっこいいけどね
ドーンと売れたいと思う前にきちんとやることやろうと思います!

そのために時間を使いたいので
女性起業家の支援を終了するのです

自分の商品に自信があるからこそ
自分がプロデュースしている商品に自信があるからこそ

長く愛される仕組みつくりが大事になってくる

2018年はそこの組織化をきちんとやっていきます

人材育成もしていきますが

きちんとそれぞれの質を見極めて
ゆるくない経営方針でやっていきます

急拡大するにはゆるさが必要です
でもそれをやるかやらないかは自分で決められますね

特に個人事業主の場合は
寿命の長い商品を持つことの方が大事です

パッと売れてすぐ売れなくなってやり直すなんて怖すぎませんか?

ドーンと売れることを目指すよりも
まずは土台作りをしっかりしていくことをおすすめします

お金の稼ぎ方って色々ありますが
自分に何が残るか?を考えると

やるべきことが精査されますね!

消えてなくなっちゃうようなフワフワしたものでは絶対にダメ

会社員時代、この会社ダメかも…と思っていたことがありました

なぜなら、
人材が全然育っていなかったのです

商品が売れても
人が育ってないとそこからどんどん衰退していきます

人って本当に大事

サービスを提供するのも
商品改良をするのも
新しいサービスを生み出すのも全部人だもんね!

人を育てて成長させることを
きちんと意識している経営者の下で働けるのが会社員の一番の幸せかもしれませんね^^

だってその会社は安泰だもの

私もそんな組織を作っていきたいなと思っています♡

\SNS起業成功度診断/

\無料メルマガでSNS起業について学べます/

\好きを仕事にする各種プロを目指す/

16-05-18-21-40-17-528_deco