働く女性の給料は本当に安いのか?

photo-1522202757859-7472b0973c69

女性の給料は男性より安い

そんな比較を目にすることが多いのですが
これって本当でしょうか?

エン・ジャパン株式会社が
働く女性の仕事の悩みというアンケートを実施したところ…

なんと1位が給料についてだったそうです!

詳細→https://www.atpress.ne.jp/news/141394

53%もの人が給与について悩んでいるというデータを見ると

「やっぱり女性の給料は安いんじゃん!」

という思考になりがちですが…それは違いますね!

女性の給料が安いわけではなく
女性の仕事に対する給与が安いのです

正社員でも総合職と事務職では給料に差が出ますね

非正規雇用でボーナスが出なかったらそこでもまた差が出ます

総合職で働く人が多い男性と
総合職以外でも働く人が多い女性とでは

比べ方を工夫する必要があると思いませんか?

データを正しくみれば
女性の給料は安い!という言い切りは出来ないと思います

興味がある方は国税庁が出しているデータを覗いてみてください
https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan2014/pdf/000.pdf

 

私自身の就職活動の時に一番悩んだのが
”総合職か事務職かを選ぶこと”でした

別に男性も事務職で就職してもいいと思うのに
なんで女性だけこの選択肢があるんだろう…

なーんてその頃は全く思わず
働き続けるなら事務職の方が無難だろうか…と真剣に悩んでいました

結局お給料を見て
どうせ働くなら高い方がいいな~と総合職を選んだのが大学生時代の私です←

仕事の内容で給料が変わるんですもの!←

私が就活をしていた頃は
女性の総合職を増やさないといけないから今年から女の子をとるんだよ~という企業ばかりでした
(実際に面接でもそう言われました)

今の女性の管理職を増やさないといけないから~というのと同じものを感じます…

とりあえず増やすことを目標にしていた

女性に何かを期待して…というよりは
世の中の流れ的にそうしている

そういうところが多いのではないかなと思います

 

では
女性がそれまで求められていた働き方ってどういうものだったのでしょうか?

わかりやすい例だと

事務職としてサポートを行い、いい相手が見つかったら寿退社♡

腰かけ~という言葉の通り
長く働くことよりも結婚するまでの間働いて

結婚後は家庭に入る

そういう人が多かったんですよね(注:私は別に寿退社否定派ではありません)

サポートという仕事だから
実際に仕事を動かす側の男性よりも給料は低い

 

では今はどうでしょうか?

総合職で男性と同じように働いている女性のお給料ってそんなに安いですか?

男性と同じ仕事をして給料に差が出ているなら
かなりの問題ですが

多くの場合は
そもそも仕事の内容が”高額のお給料を狙えないもの”なのではないでしょうか?

サポートをする人の方がお給料が高いって絶対にありえないことだと思うんですよね…

自分が逆の立場だったらそれ…しんどくないですか?

あの人はお給料が高くてうらやましい!
という勘違いをする人がいますが

その仕事をしてから初めてその文句を言うべきです

女性の平均年収は総合職で活躍する人が増えれば確実に伸びていきます

女性だから給料が安い!のではなくて
その仕事をしているから給料が安い!

と考えられるようになるとお給料は簡単に増やせます

今のまま成長もせずに給料だけあげて欲しいは
絶対にあり得ない考え方です

色んな理由があってあなたのお給料は決まっています
別に女性に意地悪をするために給料を低くしているわけではありません

なので女性だから給料が安い!という被害妄想に近い考え方はちょっと違いますね

その仕事だから、お給料が低い
その会社だから、お給料が低い
その働き方だから、お給料が低い

ただそれだけ!

自分の選択次第でお給料はいくらでもあげられます!

※過去にメルマガで配信した記事です

商品が”売れる”ために必要なステップを公開中

セルフブランディングで自分らしく働く!

お困りのことがありましたら気軽にお問い合わせくださいませ

講演・研修・講座についてのお問合せはこちら
それ以外のお問合せはこちら