たったの10日間で大きな決断が出来た理由

2019_4_29_Sumire44735

先日11月からの新料金を発表させていただきました
そして、11月7日にはWTW協会のリブランディングも発表予定です

これまでやってきたことを活かし、
新しい形に進化させる

もちろんこれまでも他の人よりやってきましたが
今回は過去最大級の変化といえます

変化を進化に出来るように今、奮闘しています

今回の決断をするまでに要した時間は10日でした

・33歳最後の日:寄せる・合わせるとの決別→https://ameblo.jp/sumireuranai/entry-12535088004.html
・先に行っちゃいますね♡ごめんあそばせ♡→https://ameblo.jp/sumireuranai/entry-12538376677.html

10月12日に書いた記事と10月22日に決断して書いた記事で

もちろん違和感はもっと前からあって
どうしたんだろう?と内観を繰り返していました
(マイセルフコラージュ™もたくさん作りました!今度記事にしますね!)

その様子も隠してこなかったので
今改めてブログを読んでいただけるとそういうことか!とわかることが多いかもしれません

最初は”なんとなく”だった違和感が
どんどん大きくなり

無視できない状態になったのが10月12日でした

もっと具体的に書くと

「なんでなの?!もう意味がわからない!」状態にまで到達しまし

強烈な嫌悪感と悲しみに襲われ
自分が情けなくなりました

私が初めて転職をしたときも
会社を辞めて起業したときも

もっと遡ると
受験して入った私立の中学から違う私立の高校に受験しなおした際

同じような感情に襲われたのです

私のターニングポイントにはいつも強烈な嫌悪感と悲しみがありま

この嫌悪感と悲しみがあるから
私は変わってきたのです

「なんだこれ、あまりにも自分がかわいそうだ」という感情なので

少し間違えたら被害妄想と勘違いされそうですが
被害妄想ではないのです

嫌悪感は自分に対してのものであり、
悲しみは自分を大切に出来なかった愚かさに対するものなのです

この自分に対する嫌悪感と悲しみがないと
人は成長に向かうことが出来ません

日本は生きるのに困らない国ですから

自分自身が自分に対して疑問を持たない限り、
そのままでい続けることが出来てしまうのです

この話をすると多くの方がきょとんとするのですが、遠慮せずに続けます

絶対にこの話を必要としている人がいるはずだから!

この話が必要な人はこれから変わっていきたい人なんです
私はその方に向けて発信をしています

出し惜しみせずに書きますので
ぜひ受け取って活かしてください

先日、心のマネジメント術を身につける女性のための心理学講座生徒さんが
こんなことを言っていました

「私ってなんで今こんな状況じゃなきゃいけないのかな?
私って昔からこんなんだったかな?

もっといい所にいて、もっと違うポジションで
もっと恵まれていて

そんな自分だったはずなのに、何故今こうなってしまったんだろう

なんでなんだ?という疑問がわいてきた!」

まさにこれです!

これがすごく大事なんですよ!

この純粋な疑問こそ、正しいんです
これが今の自分がいる場所に対する違和感なのです

私ってこんなんだったっけ?と感じたらそこを深く疑ってみてください

自分の可能性を潰していたのが自分だと気付いたときの衝撃ったらないですよ!笑

私の感じる自分に対する嫌悪感と悲しみの理由がこれです

何やってんだろう、私ったら
バカだなあ

と心底自分に嫌気がするんです

だから変わる!と決めることが出来ます
そのための行動にすぐ移ることが出来るのです

(心理学の生徒さんたちは失敗パターンの時の自分の感情を思い出してみてね!)
(その感情になっている時は失敗だと覚えたら軌道修正が速くなります)

今の自分に対する違和感を感じるということは、
本来いるべき場所から離れている可能性があります

どこかで間違えてしまった(サボってしまった)ということです

そう、自分が間違えてしまった
自分がサボってしまったんです…

環境のせいにする人はすぐ被害者面をして変わらないという選択をします

自分が選んでそこにいるのに
人のせいにする

だから変われない

簡単にイライラをぶちまける
まるで駄々っ子のようで幼い、とも言えるかな

本当に変われる人は自分に対して怒ります

ここが圧倒的に違うのです

皆さんが今手にしてるポジションや生活レベルは
ご自身の選択によって選ばれ、形となっているものです

先日メルマガにて「年収・お給料は増やそうとした人だけ増えていく」という記事を書きましたが

増やそうとすれば増えるものだし
自分の選択と行動次第で良くも悪くもなるものです

納得がいくものが手に入れられていないならば
どこかでサボって自滅の道を選んでしまった(ガーン!)ということなのです

本来人は可能性の塊です

これは綺麗事でも何でもなく、本当にそうなのです

持っていた可能性を自ら捨てている
それに気が付くと強烈な嫌悪感と悲しみに包まれるんです

「なんだこれ!自滅じゃん!」と泣きたくなります

人のせいや環境のせいにするのはすごく簡単だし、楽が出来ます

何よりも被害者面ができる!!
私って不幸なんだわと浸ってしまうことができるんですね~
(はっきり言いますが、これはめんどくさい女ですよ)

それをやってしまうとその不幸が定着するわけです
不幸でいたいから不幸でいるわけなんですよね

不幸でいたら構ってもらえるという勘違いをしているのかもしれませんが
人が離れていくだけです

理由はめんどくさいから、ただそれだけ

なんで私は今こうなんだろうか
どうしてこうなったのか

自分が今手にしているポジションや環境に対して疑問を持つ

これがすごく大事なんです
自分自身の選択や行動を振り返るきっかけとなります

もちろん今の自分に満足しているのであれば、
そんなことをわざわざ疑わなくても大丈夫ですが

きっと多くの方が満足なんてできてないですよね!

日本は豊かなのに幸福度が低い国です
その理由がここにあるんだよな~

満足できていないのであれば
「本当の自分だったらどこまでいけるはずなんだろう?」と疑ってみて欲しいのです

自分の可能性を潰すのは自分自身なのです

なぜ自分がその幸せを手にしちゃいけないのか?
本当は望んでいるのになんで手に入らないのか?

絶対に手に入れることが出来ないものなのか?

じっくり考えてみてくださいね
きっと自分のせいという答えに行きつくはずですよ

これは気付いたらそこから変わることができる幸せな気付きです
頑張れば手に入るものの方が多いんです

手に入れるための方法を模索し続けられる人は
実際に手に入れていけるんです

諦めちゃったのは自分自身

うーんかなぴい!

自分に対して自分が一番諦めている

向上心がない
モチベーションを保てないというのは

自分が自分に対して諦めているからです

諦めないで欲しいなあ!
とっても悲しいぞ!

心理学講座でもお話していることですが
本当に変われる人は日本ではあまりいないですね

自分がどっち側の人間にいたいのか?

これも自分自身の選択次第です

自分の選択と行動の評価として今を手に入れています

これは揺るぎない事実です

被害者面しても、意味はないのです

さあ、駄々っ子は卒業して
かっこいい大人を目指していきましょう

成長している人は美しいです
自分を信じて、諦めずに欲しいものを手に入れてくださいね♡

私は働く女性のメンターとして
そのお手伝いを誰よりも真剣にしていきたいと思います^^

最近のメルマガは
実際に生徒さんからいただいた質問や普段の会話からテーマを選定して書いています

3人以上の人と同じような話をしたら書くと決めているので
普段の会話の様子が良く伝わるのではないでしょうか

実際の会話はものすごい衝撃があるそうです

頭がグルングルンするんだそうですよ
しかもなぜか鼻水やら脇汗やらを出す生徒さんが多いんですよ!笑

ものすんごく興奮しているということなのでしょうか?
それともデトックスなのかしら?

教えている本人は淡々としていることが多く、
汗を書いてむんむんしている生徒さんと真逆で寒いと震えていることが多いです

そんな感じで楽しく講座をやっています♡(これPRになってる?笑)

動ける私になりたいんですとおっしゃる生徒さんが多いので
このシリーズを続けて書いていきます!

私にとっての普通はどうやらあまり普通じゃないみたいです

そのことを最近自覚する場面が多く
もっと伝えていかないとな、と感じておりますよ♡

生徒さんたち、どんどん質問してくださいね^^!

メルマガを読んで復習することで
生徒さん達にとっても、良い振り返りになると思います

※この記事は2019年10月にメルマガにて配信したものです

充実すぎる無料コンテンツ♡

無料とは思えないボリューム!
なんだこれ!他とは違うぞ?ととってもご好評をいただいております♡
ちょっと辛口だけど当たってる~!

オンラインで学べる女性起業家育成スクール

好きを仕事にすることはとても難しいことです
利益を出し続けて息の長い女性起業家を目指しましょう

このスクールは女性のために開発されています
難しい言葉は使わずに説明しますので安心してくださいね♡

女性のためのマネジメントスクール

自分らしく輝きながら成果を出せる SMART WOMAN®を育成しています

お困りのことがありましたら気軽にお問い合わせくださいませ

講演・研修・講座についてのお問合せはこちら
それ以外のお問合せはこちら