起業ブームは終わり、起業女子は消えたのか?

19_01_29_prof7065

※2018年の初めに書いた記事のリライトです

2017年は起業ブームと言われた年でした

SNSを使った起業を始める人の数がものすごく増えた年だったのです
(すごく狭いSNSの世界だけの起業ブームです)
(世の中全体がそうかというと違うから勘違い注意)

昨年は
キラキラしたカリスマたちに憧れて参入してきた新規の人たちが
ブログやFacebook上でたくさんの投稿をしていました

特にFacebookがすごかったですよね!

うわ、なんか人が増えてグイグイしてるわ
私も純粋にそんな印象を持ちました

では今はというと…?

「なんか落ち着きましたよね」
「減りましたよね」

とおっしゃる方がとても多いですね

では起業ブームは終わって、起業女子は消えたのでしょうか?

起業をしたい!という女性は今後も増える傾向にあるので

ブームとは言わなくても
新規参入者は今後も増えていきます

特に働き方改革や・副業可になる流れに乗って
会社は辞めずに副業を目指す方の参入が増えてくるかなと読んでいます

副業解禁が大きく動き出した時
きっとまた起業ブームは再来します

そしてまた起業女子と言われる方たちも復活してくるのです
(もしかしたらまた違うキャッチーな名前になっているかもね)

起業したい!と考えることって別に悪いことではないはずなのに
”起業女子”という言葉の印象がいまいちよくないのはなんでなのでしょうか?

なぜ消えたなんて言われてしまうのか

それは「軽さ」に原因があるんですよね

起業にかける想いの軽さ

想いは軽いのにテンションは高い

このギャップがどうも気に障る…のではないかしら?

私の肌感覚的にも
2017年に大量に増えた起業女子は減少しているように思います

久しぶりに覗きに行ったらブログの更新が止まっていたり
Facebookのアカウント自体が消えていたり

というのはよくあることです

高額なコンサル代・セミナー代を払っていたはずなのに
やめちゃう人が多い

それはなぜなのでしょう?

先ほど想いの軽さについて触れましたが

起業ブームが起こった時
「何もなかった私でも」がキャッチコピーだったことが多かったですね

「何もなかった私でもうまくいったよ」に惹かれる人って何もない人なんですよね…

何もない私でもできるんだ!そう思って起業したんだと思います

何かやりたいことがある人
勉強したことがある人はこのキャッチには惹かれません

何もない人が始めちゃったから
何も始まらず

そのまま消えて行ったのです

何もないから簡単にやめられる

私はそう思っています

やりたい何かがある人は簡単にやめられないんですよ
一回くらい失敗してもまた再起を図って挑戦しますもの

実際に
・一回失敗したけどもう一度やり直すためにここに来ました
・最後のチャンスだと思って腹を決めて来ました
・子供の成長を待っていたけどやっと出来るようになって来ました
・2年間考えたけどやっぱりやりたいから来ました

こういう人は簡単にやめません

例え思うように活動できていない間でも
勉強はしっかり続けています

ゆっくりになってしまってもやめてしまうことはないのです

やりたいことがあるかないかで変わるんですよね

やりたいことが何もないからやめられた
そういうことなんだと思います

残念ながら人間は楽をしたい生き物なので

何もやりたいことがないけど
楽にお金を稼ぎたいと考える人たちはいなくなりません

高額なコンサル代を払っても

その後が楽に稼げるならいいな♡
そう思う人の方が多いのです

これからも〇〇ブームだなんだと
そういう人たちに振り回されることもあるでしょう

本当にやりたいことがある人は
それでもしぶとく残り続けるんだと思います

もちろん私もしぶとく残り続けます

やりたいことまだまだたくさんありますからね!

起業ブームが終わっても関係ないし
起業女子が消えても関係ない

そう、私達には関係ないのです

自分がやるべきことを
目の前のお客様を大切に地道に活動していきましょう

無料メールセミナーで起業・副業の準備をしましょ!

お困りのことがありましたら気軽にお問い合わせくださいませ

講演・研修・講座についてのお問合せはこちら
それ以外のお問合せはこちら