ダメな女性起業家は自分に都合のいい意見しか聞けない

DSC_2033

こりゃダメだわ…と思う女性起業家の行動

あからさまにおかしいよ~という女性起業家の行動は過去にも書かせていただきました
怪しい女性起業家の特徴はこれだ!

これよりももっともっとリアルなNG行動

それは自分にとって優しい意見を言ってくれる人だけを見の周りに置くこと

これは本当にダメです

でもパートナーシップがうまくいっていない方や
承認欲求が満たされていない方は

自分の周りに自分をちやほや甘やかしてくれる人だけを集めがちで

よく生徒さんにもびっくりされるのですが
うちの彼(夫)は私とは正反対な性格で考え方も全く異なります

私の行動に対して100%いいね!と同調してくれることはなかなかありません

それって甘いんじゃないか
そこ割り切れないの?
そう思わない人もいると思うよ

そんな感じの「わかるけど言われたくないようなこと」をずけずけ言ってくれます

男性なので言い方もストレート!

もちろん言われるたびにガーン!となります

ムカッとして反論したくもなります

でも…
これって自分でもわかっているけど出来ていないことだから反論したくなるんですよね

あんたにはわかんないでしょ!やってないくせに!
と怒るのは簡単ですが

本当にやらなきゃいけないことはそんな事じゃない

なんでそう思われてしまったのか?

それは自分の仕事のやり方に原因があるのか
それとも普段の彼との関係性に原因があるのか

しっかりと原因を見極めて改善をしていかないといけない

ここで言い合っていても

「なんでそんなこと言われなきゃいけないの?!」という私の気持ちと
「なんでそんなことしてるの?」という彼の気持ちは何も変わらないのです

そしてこういう時は大概外からの視点(この場合は彼)の方が正解だったりします

 

私たちはもちろん一生懸命に頑張っています
でも一生懸命になればなるほど自分のことが見えなくなるのです

そんな時に「本当のこと」を言ってくれる人がいなかったら

自分は頑張っているし出来ている!という思い込みのまま暴走していくことになります

そういう風になっている人、残念ながらたくさんいます

本当のことを教えてくれる人が一番ありがたい存在なのにそれが理解できずに

「こんなこと言われたの!ひどくない?」と何も改善することなく、
自分の意見に同調してくれる仲間を探してしまう

これビジネス以外でもアルアルですよね

あからさまなダメ男と付き合っている女性が
私の彼が本当にひどくてね…と友人に相談したときに

「なんでそんなダメ男と付き合ってるの?!やめなよ~!」という人よりも

「好きなんだからしょうがないよね」と同調してくれる人のところに逃げてしまう

本当に良くある話です

同調してもらってその時は気が済むかもしれません
そんな事言うなんてひどいって悲劇のヒロインになりきれるかもしれません

で、現実は何が変わったの??

何も変わらないし
むしろその人のことを考えてアドバイスをしてくれる友人を一人失いました

ますます改善が遠のきますよね

そういうことをしているから、そうなっちゃうんじゃないの?
ちょっと厳しいようですが、そう思われてしまいますよね

 

もう一つ耳が痛くなるようなNG行動

私はよくお客様を観察してねという話を生徒さんにします

お客様こそが自分の仕事の改善点を教えてくれるからです
足りないもの・過剰なものをお客様を観察することで知ることが出来ます

しかしここで注意しないといけないことが出てきます

ものすごく自分に好意を持ってくださっているお客様の意見だけを取り入れるではだめなのです

〇〇さんのここが素敵!という意見はありがたく受け取ってもいいですが

〇〇さんにこんなことをしてほしい
〇〇さんにはこんなのが向いていると思う

このなんの根拠もないアドバイスは真に受けてはいけません

お客様が言ってくるのは自分にとって都合のいいことであって
あなたの経営の心配はしていません

今よりも自分が楽しむための提案をしてくるだけなのです

もちろん、お客様を喜ばせることは私達にとって必要なことです

でも私たちは仕事としてやっているわけです

そこに経営的判断をきちんと追加して
本当にやった方がいいものとそうでないものを決めていかないといけない

お客様がやった方がいいといったから
お客様候補が求めているから

これってやる理由になりません

こういうの会ったら欲しいな~と言っていたはずなのに実際は申し込まないなんて良くある話です

なんで?!いいって言ったじゃない?!
と思うのかもしれませんが

自分で考えることをさぼった罰ですね

それが本当に必要かどうかは自分で考えなければなりません

お客様がどんな気持ちで
どんなスタンスで言っているかもきちんと考えて判断してくのが本当のプロです

ちょっとそれは違うかな
求められているけど自分には出来ないかな
それをやってしまうと方向性がずれるかな
価格帯が自分のと合わなくなるかな
その商品になったら客層はどうなる?
PRは変えなきゃだめ?などなど

そういう経営的判断が必要になるのです

経営的な判断をお手伝いしていくのが私のようなコンサルタントの仕事ですね

私は指摘したり怒ったりする立場です

だからと言って私の意見を黙って聞いてね
言ったとおりにやってねとは思っていません

しかし、必要だと思ったことは伝えるのが仕事です

よく厳しい・怖いという表現をしていただくのですが
それが私の仕事だと思ってやっています

厳しいのには理由があるし
必要だから伝えています

そして別にダメ出しをしたからといってその生徒さんのことを嫌いになるわけじゃないです

改善して欲しいから
わざわざ言うんですよね

言いたくないことの方が多いです

ガーン!ってなるのだってわかりますからね

でもそのガーン!を乗り越えないと改善なんてするわけがないから

自分のダメな部分を認めて
向き合って改善していける人になってほしいです

承認欲求が強い人、パートナーシップがうまくいっていない人は
否定された!!という感情が先に出ます

違うんですよね

否定されたんじゃないの
言いたくもないことを言ってくれる人は最大限の優しさで伝えてくれているですよ

私は言う側だからすごくその気持ちがわかります

言わないでいるという選択肢もあるけれど
本当に変わってほしいから言うんです

ただの悪口とこの違いが理解できないと
なかなか思ったような成長は望めないのではないでしょうか

人間関係って全てに通じます

まずはそこを整えて
強い自分を作っていきましょう^^

\SNS起業成功度診断/

\無料メルマガでSNS起業について学べます/

\継続できるビジネスを構築したくなったら頼ってくださいね/

\好きを仕事にする各種プロを目指す/

DSC_2033