経済活動をやめろ、とは言われていない

erik-mclean-r2Mi6EnKWTg-unsplash

緊急事態宣言が全国に広がりました
日本全体が自粛ムードに包まれていますね

しかし、勘違いをしてはいけません

自粛要請で形は制限されていますが
経済活動をやめろという強制はされていないのです

むしろ日本は経済を止めないために
少しユルイとも言われる形式をとっています

経済が止まることで
コロナ収束後に来る混乱は目に見えています(自殺者の増加、治安の悪化等)

経済が死ぬと人が死ぬのです
だから経済活動をやめろ、とは言われていません

感染拡大のリスクのある形態でのサービス提供を自粛してくれという要請が出されているだけです

 

さてここで考えないといけないのは

諦めたのは誰なのか
工夫をする気がないのは誰なのか

誰かのせいにして投げ出したのは誰なのか

放棄した責任は誰にあるのか

ですね

私達経営者はとても困難な状況に立たされていますが
今は事業を続ける気があるか?が問われています

状況に合わせて、工夫をする
こんなことは普段から出来ている人には当たり前のことです

普段からやっている人は今も当たり前にやっています
自暴自棄になって投げ出しません

もちろん誰かのせいにもしません
今出来ることを必死に考え、形を変えるなどの工夫をしています

なぜそれが出来るのかというと「事業継続をしていきたい!」という強い想いがあるからです

緊急時だからこそ、
その人の本気度が見えてきますね

よいサービスを提供するのはどちらか?
生き残るのはどちらか?

生き残る気があるのはどちらか?ですね

 

1つだけわかりきっていることは

投げ出したらそこで終わりであり
投げ出して終わらせてしまった結果、起こることは投げ出した人の責任でしかないということです

誰かのせいにして騒ぎ立てたとしても
誤魔化せない事実です

騒ぐより前にやることがありますね
無責任な人ほどよく騒ぐ

これを覚えておくと良いかもしれません

メンタリングを受けたい▶会員制自己研鑽ラウンジShine up lounge
学び、成長したい▶女性のためのマネジメントスクール BE SMART

※2020年4月より私(能登)は個人向けサービスの新規募集を行っておりません
※能登から学びたい方はShine up loungeもしくは現在募集中の講座にお越しくださいませ

商品が”売れる”ために必要なステップを公開中

セルフブランディングで自分らしく働く!

お困りのことがありましたら気軽にお問い合わせくださいませ

講演・研修・講座についてのお問合せはこちら
それ以外のお問合せはこちら