信用を失う無責任な個人事業主の行動とは?

DSC_0725

責任を取る気がないから流されるの!

前回の終わりに

活動を続けていると辛いこと・うまくいかないことがたくさん起きます

そんな時に自分勝手にならずに
見ようとする姿勢をどれくらい保てるか?が大事になってくる

お客様が私達を育ててくれるんです
だからお客様をきちんと見続けることをやめてはいけません

都合のいいものに逃げずに
責任を取る姿勢があるかどうかが大事になってきますよ~

と書いておりました

今日は”責任”について考えていきたいと思います

責任という言葉ってなんだかズシーンと来ますよね

背中に重りがどーんと乗っかるようなそんなイメージがあります
個人事業主として活動を始めると
会社員の時とは比べ物にならないくらいの責任を負うことになります
自分のやったこと全てが自分に跳ね返ってくる
だからね、責任感のない行動をする人が私はどうも理解が出来ない

だってそれは全部自分の”信用”の部分に跳ね返ってくるわけですから

個人事業主として働くとき
信用がないのが一番辛いことです
会社員は会社というバックがありますが
私達は自分しかない
自分への信用が
仕事への信用に直結してしまうのです
そんなの当たり前!と思うかもしれませんが
無責任な行動を取ってしまっている人って多いのです

自分では無責任だと気付いていない
とても厄介な状態です
責任を取る気がない人というのは
自分はやっているつもりの人も含まれます
やっているつもり…ではダメなんですよね

仕事ですから、結果を見て判断しないといけません

安直な行動を取ってしまっている人は自分の仕事への責任を取る気がない人です
例えば安易なノウハウに頼ってしまう…とかもそうです

これをやっとけばいいんだ!と深く考えずに行動する
これが責任を取る気がない人の行動の典型です

こういう人はそのノウハウでうまくいかなかったり
トラブルを起こした時に

「だって言ったじゃないですか!!」

と言い出します
違うんです

あなたが自分で選んでやったのです

だからトラブルが起きた責任はノウハウを提供した人ではなく、あなたにある
安易にそのノウハウに乗っかったあなたにあるのです

やらないという選択も出来たはずですからね
(もちろんノウハウ提供者が何も悪くないと言っているわけではありませんよ)

どんなやり方をするか?は自分で選べます

自分でわざわざそれを選んで、トラブルを引き起こしたのです

影響力のある人に振り回される人も同じですね

あの人が言っているから!と自分で考えることを放棄している
とても無責任な状態なのです
私は生徒さんに指導をしますが
言ったことをそのままやる人にはチクリと釘を刺します

なんでそれをやったの?と
理由を必ず聞きます
自分で考えて欲しいからそうしています
だって私は生徒さんの責任を負うことが出来ないから

何かあったときは私にではなく、生徒さん自身に跳ね返ってきてしまうから
正解を探す思考ではなくて
自分で工夫する思考を持ってほしいです

(生徒さん達、お願いしますよ!)

自分の行動に責任を取るということは

自分が選んだもの全てに責任を取るということだと思います
自分の一つ一つの選択や行動にこだわってほしい

と私が何度も伝えてきているのは
それが責任を取ることに繋がるからなのです

個人事業主は自己責任の世界です
自由に働いて自由に稼げる

その通りです
自分の行動の全てを自分で決められる

だからこそ、責任を取る意識が必要になってくる
お客様からお金をいただいたら
「私は知りません」じゃすみません

プロとして最後までやり切らないといけない
全てのことにこだわっておかないと
自分が予期せぬところで起きたトラブルに対して

「自分のせいじゃない!」と逃げ出す人になってしまいます
逃げ出して…見ないふりをして

信用を失って
人が離れていく
そんな人生嫌ですよね

稼ぐ・稼がないの前に人として嫌ですね
これをやっとけばいいんでしょ?とやっつけ気味な考え方を持っている人は

何かが起きたときに責任を取らずに逃げ出します
自分で考えたことではないから責任がないと思っているのでしょうね

でもそれは違います
安易なものにフラフラ流される人
うまい話に乗りたくなってしまう人
すぐに成果を出すことしか考えていない人

どの人たちも自分のことばっかりで
お客様のことを考えていません

責任を取る気がないから

そもそも深く考えていないのです
だから流されて失敗する

失敗するだけではなく信用も失う
一時期高額起業塾が流行りましたが

そこに行ってうまくいくも失敗するも自分が選んだことなのです
自分に合わなかった
じゃあなぜ合わないところを選んでしまったのか

きちんと振り返ると「考えること・吟味すること」をさぼっていたことに気付けるのではないでしょうか?
気付けたら次はやらないようにできますね!

ここで気付けないとまた同じ過ちを繰り返します
どれだけお金を使ってもうまくいかない人というのは
お金を使う前に「考えること」が出来ていません
最初から自分の行動に責任を取る気がないのです
責任を取る気がない人は流されやすいのが特徴です
そして自分のやっていることの意味を考えていません
自分で考えて動いている人とは

行動の質が明らかに違っています

例えば資格を取るために教わったことを
ただ自分のお客様に伝えているだけ

教わったことをそのまんまやっているだけ

こういう人、いますよね?
ただコピーをしているだけ
応用できない
なぜできないのかというと…

自分の商品だという自覚がないのでしょうね
だからより良くすること
考えて工夫すること

が出来ない
資格って最低ラインでしかないから
そこから工夫しないとお客様はつきません

資格を取るだけでは仕事にならないというのはそういうことなのです
どう使うか?を考えられない人は
資格を使ってお金を稼げませんね

どんな人気の資格でも、稼げないと思いますよ

考えずに安易に流されて

その繰り返ししかしていないから
うまくいかないのです
考えて動いていたら
自分がなぜ失敗したか?もわかりますからね

伸びる人はそうやって試行錯誤を繰り返しています

失敗って誰にだってあることですが

失敗しただけでは信用は失いません
失敗したその後の行動で信用を失うのです

責任を取ることってすごく大変なことのように思えますが
何かが起こってしまったとき

苦しくても向き合って自分が出来る限りの責任を取るか
もしくは見切りをつけられて人が離れていくか

の二択しかないと思うんですよね

責任を取らないと
自分の周りからどんどん人が離れていくのです
残るのは自分勝手な人たち(同類)ばかり
どちらを選ぶかは本人次第ですね^^

私はもちろん自分が好きな人たちがいなくなるのは嫌なので
しっかり責任を負う道を選びたいと思います
責任を負いたくない!なら多くを望まないことです

世の中はそんなに甘くない
必ず自分に跳ね返って来ますからね^^
責任を取る気がない人って洗脳もされやすいのです
この辺の話も今書いているシリーズが終わったら書いていきますね!
まだまだ小難しい話を続けます!

\ご提供中のメニュー/

DSC_0725