売れる商品かどうか?よりも大事なものがあるでしょ!

01

コンサルティングでよく議題に上がるのが
「〇〇は売れますか?」問題

この問題は本当に根深いんですよ

みんな売れるかどうかばかり気にしていていて
本当にやらなきゃいけないことがわかってない!

確かにマーケティングをする際に
「それは売れるね!」とか「それは難しいかもね!」という話をすることがあるんですけど

はっきり言っちゃうと

まあ一般的にはそうなんだけど
実際に売れるかどうかはやってみなきゃわかんない

というのが本当の部分なんですよ

絶対に確実に売れるものなんてあるわけないんだから

同じものを売っても売れる人もいるし
売れない人もいます

良い商品であっても扱う人によっては売れません

「〇〇は売れますか?」という質問がいかに無駄かが理解できます

 

過去にも何度か書いてきましたが
今日は違う切り口で書いていきましょう

 

何か売りたいと思った商品があるときに

一番最初に考えるのが
「今の世の中的にこれが売れるかどうか?」だったりしますよね

マーケティングを少しかじった人なら余計にそうかもしれない

でもこの考え方って正直言ってあまりにも単純すぎます
「今○○が流行っているから売れると思うんですよ~」って単純すぎるでしょう?笑

流行ってれば売れやすいけれど
だからと言って全員がその商品を上手に売れるわけではないし

今は流行ってるから売りやすいかもしれないけれど
流行が終わった後は全く売れないかも知れません

その後はどうするの?

安定性のあるビジネスを構築するために
市場を知ることはとても大切なことです

でも市場を知ることと市場の流行に合わせるかどうかは別軸の話です

市場の流行に乗るビジネスモデルは
商品開発が短期間で出来て広告への投資も出来る体力がある大きな企業には向いていますが

私達みたいな小さなビジネス規模には合わないです

以前に小さいビジネス規模(個人事業主等)の商品設計はちょっと特別なやり方をするんだよ~と書きましたが

ビジネス規模に合わせて
市場と売り方とPR方法を考えていく必要があります

ちょっと難しいかな?笑

ビジネスって色んな要素を同時にたくさん検討していくんです

一個のことだけじゃ判断できない!

それを私みたいなコンサルタントはうまいこと調整するのが仕事です
(これが難しいのさ)

 

覚えておいて欲しいのは

実際に売れるかどうかはやってみなきゃわかんない
けどあなた本当に売りたい?

という部分なんですよ

売りたいなら方法を考えます
でも別に売れないと言われて下げるような商品ならこっちだって売りたくないんです

きっとお客様だって買わないだろうから

大事なのは

良い商品なんです
必要な人に広げたいんです
絶対に必要としている人がいるんです

という気持ちだと思うんですよね

そう思えない商品なら売る必要がないじゃないですか

売れる売れないというか
売るか売らないかなんです

売る為にどうにかするが正しい

売れますか?って他人任せすぎるのよ
買ってくれる人はいますか?も同じです

なに待ってるのよ!
待ってる場合じゃないのよ!笑

自分で売れるようなムーブメントを起こすのよ!笑

そういう気持ちがある人は自然と選ばれるんですよね

売れますか?なんて弱気なこと言ってないで
売りたいんです!と言い切りましょう

言い切れるような商品をつくりましょう!

市場も自分で開拓すればいいだけですから
気持ちがあれば結構何とかなるものです(昭和)

気持ちが固まらずテクニックに走っているうちはまだまだでーす!

さ、気合い入れていきましょうね

商品が”売れる”ために必要なステップを公開中

セルフブランディングで自分らしく働く!

お困りのことがありましたら気軽にお問い合わせくださいませ

講演・研修・講座についてのお問合せはこちら
それ以外のお問合せはこちら